2019ネパールフェスティバルin名古屋

お客様を神様としてお迎えするのが
ネパールの習慣です!

これまで東京や福岡で開催され、好評を博してきたイベント「ネパールフェスティバル」が、ついに名古屋で初開催!ネパールの踊りや歌などの芸能や、ネパールグルメが集結!名古屋にいながらにして「ネパール」の風を感じられるイベントだ!
  
▶︎▶︎公式サイトはこちらです▶︎▶︎

2019年6月15日(土)、16日(日) 初めて名古屋の久屋大通公園広場で、ネパールフェスティバルが開催されます。
当日、会場では様々な催しが実施されますので、まるでネパールにいるような気分を味わえます!
日程: 2019年6月15日(土)・16日(日)
時間: 10:00〜18:00
料金: 入場無料 会場: 久屋大通公園エディオン久屋広場(愛知県名古屋市中区栄3丁目65)

ライブバンド ネパールダンス ネパール音楽 ファッションショー レストラン
ネパールのグルメ

「日本のインド料理屋で働いているのはネパール人が多い」なんて噂もあり、ネパール料理とインド料理は同じだと思っている人も多いかもしれない。しかし、実はそうでもない。ネパールは、国の位置がインドと中国・チベットに近いため、食文化もインド料理と中華料理・チベット料理が融合されたものなのだ。まあ、インド料理に似ているものが多いというのも事実だが・・・。

ネパールのソウルフード「タルバート・タルカリ」

ネパール人にとって、最も一般的な食事がこれ。ほぼ毎日この「タルバート・タルカリ」を食べていると言っても過言ではないほど。「ダル=豆、バート=ご飯、タルカリ=付け合せのおかず」という意味で、その名の通り、豆とご飯をメインにした栄養バランスの取れた定食スタイルだ。

ひよこ豆やレンズ豆を煮込んだ塩味のスープをご飯にかけて食すが、カレーとは違い、スープ自体は全く辛くない。また日本のインド料理屋では、主食としてナンが出される事が多いと思うが、ネパールの主食は「米」。スープは色々なスパイスが用いられたカレー味で、ニンニク、タマネギ、トマトを多用するのが特徴だ!

ネパールは多民族国家のため、それこそ無数に食文化が混ざり合っているのが特徴。中華料理のギョーザや焼きそば、エビチリに似た料理もあったりと、意外な料理が目白押し。どんなメニューが出店されるかはわからないが、なかなか日本では口にできない料理だと思うので、ぜひ味わってみてほしい!

広告


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL