ディド

Dhido

ディドはとうもろこしの粉でできた餅のようなネパール料理の主食です。
鍋にお湯を入れて沸騰させ、粉を連続的に撹拌しながら
ギーを加え小麦粉を加えることによって出来上がります。
伝統的なネパールの様々な地域の主要な穀物であり、健康的であると考えられており、
軽くて満足感があり、またこれを食べた直後に空腹感がなくなり、
長く持続しているため、旅人ははしばしばdhioを食べます。
スパイスの欠如のために味がまったくない人もいるかもしれませんが、
人々はしばしばその元の味を愛しています。
それはまた、塩や植物油を必要としないので、高速の間に食べられる純粋な食品と考えられています。
Dhindoは伝統的にソバやキビから作られていますが、
小麦、コーンフラワーも一般的です。
実際には、レシピがシンプルなので、その植物が粉になる限り、
Dhindoを任意の穀物から作ることができます。
カレーなどをつけて食べます。